2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2016年9月22日 (木)

領収書への道のり

自宅近くのダイソーにコピーをとりに行きました。ダイソーのコピーはモノクロ1枚5円と安いので、ときどき利用します。

最初にリセットボタンを押してから、コピーを40数枚ほど取りました。金額はたぶん210円くらいのはず。コンビニだと金額も倍になるわけで、安いのはとても助かります。

さて、領収書をもらおうとしましたが、どういうシステムで発行されるのかがかわからなかったので、コピー機の説明を見ました。どうやらお金を入れる穴の横にある「領収書」ボタンを押すと発行される仕組みらしい。なるほど、いちいちレジでもらうのは面倒くさいので助かりますね。そこで、コピー終了後にボタンを押したのですが…。

領収書が出ない。

何度か押しても出なかったので、ちょっと嫌な予感がしました。「領収書」ボタンの隣には「料金投入後に押してください」みたいなことが書いてある。私が押したのはコピーがすべて終わってから。もしかしたら、コピーが終わった後ではなく、料金を入れた後すぐに、つまりコピーがはじまる前に押さなければいけなかったのではないか。

間違えてしまったかも…。

今さら後悔しても遅いので、仕方なくレジの女性(以下店員さんA)に話しかけました。

私「すみません、コピー機を使ったのですが、領収書の出し方を間違えてしまったみたいで出ないんです。こちらで発行していただけますか?」

店員さんとしたら本来はレジで発行しなくていいわけだし、私が失敗したせいなので申し訳ないなーと思いながらお願いしました。すると予想外の答えが。

店員さんA「こちらではできないんです」

意味がよくわからなかったのでよく聞くと、どうやらこの店舗で領収書を発行することはできないので、本社だか本部だかあてに申請をしないといけない、とのこと。発行は後日郵送という形になるので、1週間程度かかるらしい。

そんな仕組みを初めて聞いたので少しびっくりしたし、何よりも210円の領収書のために82円の郵送費を使うというのはすごく非効率的な気がしましたが、まあそういうシステムなのなら仕方がない。別に領収書は急いでいないし、もともとは自分が悪いわけだし。違和感を感じつつもそう諦めて、手続きをお願いしました。

すると店員さんAは担当の店員さんBを呼んでくれました。その方が手続きをしてくれるとのこと。

店員さんBは申請用紙のようなものを出してきて、私に記入するように言いました。記入欄はたくさんあって、住所・氏名・電話番号・領収書の宛名などを書かなければならないらしい。仕方ないので記入をはじめたのですが、まずいことに気づきました。

郵便番号がわからない…。

私はいまの住所に引っ越してきて半年以上になりますが、お恥ずかしい話、実は郵便番号がどうしても覚えられないのです。住所やマンション名はちゃんと覚えたのに、郵便番号だけは何回調べてもすぐ忘れてしまう。

これまでにも記入しなければいけない場面が何度もあったのですが、その都度スマホで調べるか、あるいは空欄のまま提出したりしていました。大事な書類だったら自分で調べるけど、お店のアンケートみたいなやつだったら何も自分で調べなくてもいいんじゃないか、と。今の時代、郵便番号なんて誰でもネットですぐに調べられるし。立場的に自分がお客側のときは、ついつい記入せずに乗り切っていたわけです。

しかも悪いことに、「ちょっとそこまで」のつもりで近所のダイソーにでかけたので、スマホを携帯していませんでした。調べようと思っても調べられない。

まあ、今回も一応はお客側の立場なわけだし、そもそも領収書のためだけに個人情報を書かされているわけだし、郵便番号くらいは書かなくてもいいのではないか。そう思って店員さんBに言いました。

私「ちょっと郵便番号だけ覚えてなくてわからないんです。書かなくてもいいですか?」
店員さんB「書いていただかないと出せません」

だ、だめなのか…。用紙をよく見ると、郵便番号の部分だけ赤くなっていて「必須」とか書かれている。ダイソー様のご事情はよく知らないけど、きっと領収書発行の手続き上、郵便番号は絶対に必要なんだろう。そのご事情は理解しようと思いますが、ちょっと調べたら済む話ではないのかな…。

私もかなり下手に出ていたつもりなのですが、このへんでちょっと頭に来たので、店員さんBにお願いしました。

私「すみませんけど、住所は書きましたので、そちらさまで調べていただけますか?」
店員さんB「それはできないです」
私「パソコンとかスマホで簡単に調べられますよ?」
店員さんB「仕事中はスマホは禁止なので」

それはあなたの事情であって客は関係ないような…。絶句していると、店員さんAが話に入ってきました。

店員さんA「おうちに帰られてから、調べてお電話で教えていただいてもいいですよ」

え、なにを?郵便番号を?自宅に帰ってから郵便番号を調べて、電話をかけて知らせるの?「郵便番号は○○○です」って?

もうかなりげんなりしていたので、観念してその形をとらせてもらうことにしました。電話で知らせたらいいんやろ、してほしかったらしたるわ。でも、お店の電話番号なんて知っているはずがない。そこで教えてもらおうと思ってペンを借りようとしたのですが・・・。

店員さんB「レシートはお持ちじゃないですか?」

レシートに電話番号が書いてあると言いたいんだろうけど、そのレシートがないから今この状況に陥っとるんですけどね。

店員さんB「何もお買い上げじゃないんですか?」

いや、確かに何も買ってないけどコピーにはお金を払ってるんですが…。私はもう脱力感しかない状態になっていたので何も言い返さずに質問にだけ簡潔に答えました。

すると、店員さんBが「コピー機からレシートが出なかったんですか?」と言い出しました。彼女のいう「レシート」と「領収書」が同じものを指しているのかどうかはわからないけど、コピーが終わっても紙らしきものが何も出なかったのは確かなわけで。「何もでませんでしたよ」と言うと、店員さんBはコピー機の内部を鍵で開け始めました。

店員さんB「ああ、つまってる」

見ると、領収書だかレシートだかを出すための用紙(くるくる巻いてあるやつ)が確かに詰まっています。詰まりを直したあとに彼女が鍵を閉めると、文字が印刷された紙が出てきました。

店員さんB「210円って書いていますが、これじゃだめなんですか?やっぱり紙の領収書がいるんですか?」

見ると、くるんと丸まったレシート状の紙に「領収書」と書かれていて、金額も210円となっています。まさに私が欲しかった領収書。「領収書」ボタンを押したら出てくると思っていたもの。これがだめなんてひとことも言ってない。レシートではなく紙の領収書が欲しいなんてひとことも言ってない。コピー機の「領収書」ボタンを押しても領収書が出なかった。私が言いたかったのはそこだけだったのに。

私「これでよいです。さきほどの書類は破棄しといてください」

領収書を受け取って店を後にしました。脱力しつつもやはり頭に血が上っていたとは思うので、しばらく歩き回って冷静さを取り戻そうとしました。

その後、落ち着いてみて思ったこと。なんや、紙が詰まってただけなんかい。私は「領収書」ボタンを押すタイミングを間違えてしまったのではないか、と思っていたのですが、どうやら間違ってなかったらしい。

よく考えてみたら、料金投入後にボタンを押したところで、いつの時点でコピー作業が終了なのかがわからないはず。やはり、終了後にボタン→領収書発行という流れのほうが自然です。

それにしても…。紙が詰まって領収書が発行されなかったことについては特に謝罪はなかったし、時間や手間をめっちゃかけさせた点についても特に何も言及されず・・・。店員さんBがコピー機を調べたのも、おそらく電話番号を教えるのがめんどくさいからレシートがほしかっただけなのです。

世の中には自分とは違う論理が満ち溢れている。わかりきっていた話なのですが、改めて強く認識した出来事でした。郵便番号がんばって覚えよう・・・。

2016年6月23日 (木)

え、激しく怒ってる?

話題のこのニュースですが・・・。

古市憲寿氏に小沢氏が激怒した問題で討論主催者謝罪

ネットで見てみたんですけど、これで激怒ってことになるの? 小沢氏は的外れな質問をされても怒ることもなく、ごく普通に返していると思うんですが・・・。

形だけの謝罪のあとは確かに不快感を表しつつたしなめていますが、それにしても「激怒」という表現は合ってないと思う。激怒っていうのはこういうやつを言うんじゃないかと。でも、この記事だけじゃなく、結構いろんなところで「激怒」って書かれてるんですよね。

それで思ったこと。

うちにはテレビがないのでバラエティ番組はめったに観ないのですが、それでも「ひな壇芸人」と呼ばれる人たちのことは知っています。たまに病院の待合室なんかでバラエティ番組を見ると、みんな司会者に振られたら瞬時かつ見事におもしろい返しをしていて、すごいなーと感心してしまいます。

いまのテレビはそういう時代なんでしょうね。とにかく瞬時に、見ている人の想像を上回るようなおもしろい返しができないと生き残れないし次がない。人気や生活にも直結するわけだろうし、まさに戦場のような場所なのでしょう。

で、今回の小沢氏ですが…。普段テレビを観ない私にとってはごく普通の返しだと思ったんですが、バラエティ番組の返しを見慣れている視聴者にとってはものすごく違和感のあるものだったのではないかと。小沢氏はテンション低く普通に返したので、見ている人にとっては「お約束」を破棄した「激怒」に感じられてしまったのではないか、と思うわけです。

最近はひな壇芸人さんだけでなく、アイドルやら女優さんやらもみんなこなれた返しをされます。テレビに出る以上、政治家にもそれが求められる時代にたぶんなっていて、だからこそ東国原氏やら橋下氏がもてはやされるんだろうけど…。でも、それってほんとに必要なのかな。別に普通の会話でいいですやん。返しのうまさよりも、当選して何をしようとしている人なのか、それをきちんと考えて選ぶべきだと思うのですが…。

だいたい、最近は「激」とか「○○すぎる」とか「ド○」とか「放送事故レベル」とか安易に使い過ぎです。「ド○」なんて、関西で育ったら私からすると「極端に」というかなり強い意味だぞ。「ドS」なんて、ほとんど命を奪うか奪わないかギリギリのところまでいじめるような人だぞ。軽々しく「ドS」なんて使ってはいかん。普通に「S」ではいかんのか、と強く思います。

ちょっとしたことに「激」だの「ド」だの付けちゃうから、ほんとに深刻な状態になったときに、それを形容する言葉がなくなってしまう。「激激」とか「ドド」とか付けてもピンとこない。「2万%ない」も全然ピンと来なかったでしょう? 言葉のインフレを引き締めないと、深刻度や激しさを適切に伝えられなくなってしまいます。

ちなみに、いま日本国憲法は激激ドドピンチだと思っています。「改憲が争点」って、もう25年くらい前から毎回ずっとそうですよ。少しずつ地ならしがなされていて、いまやっと表に出てきただけです。憲法は理念なんだから一文も変えるとこないですよ。変えたいのなら法律で十分です。本質を見失わずに投票してほしいと思います。

2016年6月13日 (月)

アンチクマ派

以前、サケの生態を追ったドキュメンタリーを観たことがあります。川で生まれたサケは、数々の苦難を潜り抜けて海に出て大人になり、その後交尾と産卵のために生まれた川に帰って来ます。

でも、川の流れに逆らって上流までのぼるのは本当にたいへんで、特に滝があったりする場合には、何度も何度も全身でジャンプしてのぼります。もちろん、全員が上流まで無事でたどり着けるはずもなく、数々の仲間が挫折したり敵に食べられたりする中で、ようやくごく一部のサケのみが上流までたどり着きます。

で、ようやく産卵というときに、やつが現れる・・・。そう、クマですわ。あいつは上流にたどりついたサケをかたっぱしから食べていきます。あ、あと少しで産卵だったのに・・・。やっとたどり着いたのに・・・。

いや、私もね。食物連鎖は理解してるし、クマも生きていかなければならないことは理解しています。何も全く食べるなと言ってるわけではない。

ただ・・・そのドキュメンタリーでは、食べ方がひどかったんです。サケのおなかを食いちぎって、イクラだけをむしゃむしゃと汚く食べたあと、身は投げ捨てます。そこで「クマはイクラが大好物です」とナレーションが入る。

いやいやいやいや!食べるんならきれいに食べんかい、と。あいつは卵の部分だけをむさぼり食って、残りは捨てるんですよ。絶対に友達になりたくないタイプだし、忌まわしい生き物だと思う。それ以来、クマをみてもかわいいなんて思わないし、むしろ苦々しい思いで見るようになりました。

で、本題なのですが・・・。世の中にはいろいろな動物のキャラクターが存在していますが、やたらとクマが多いのに気づいていましたか? 猫や犬はぺットとして身近な存在なので、数多くのキャラが生まれているのは理解できるのですが、特に身近な存在でもないクマのキャラクターがやたらと多いのです。

思いつくままに挙げるだけで、ざっとこんな感じ。

テディベア

ジャッキー(くまのがっこう)

プーさん

りらっくま

くまもん

ブラウン(LINEのくま)

他にもクマキャラクターは山ほどありますが、とりあえずこの6つはみんなが知っているのではないかと思います。

特筆すべきは、伝統的かつ王道のキャラクターから、近年新しく生まれたキャラクターまで、どれも第一線で活躍しているという点。普通はこれだけ同じ動物のキャラがかぶってたら、ある程度淘汰されそうな気もするのですが・・・。

これだけ活躍しているということは、大人から子どもまで、多くの人がクマをかわいいと感じているということなんだと思います。

でも、少し冷静になって考えてみてほしい。テディもプーさんもジャッキーも、苦労に苦労を重ねたサケの卵だけを汚くむさぼり食って、体を投げ捨てるようなやつなんですよ?それでもかわいいと思うのか?

加えて、最近のこのニュース・・・。

クマ被害?4人目犠牲 山菜採り女性か 秋田

えっと・・・りらっくまもくまモンも、思いっきり人を襲っとるやないか。それでもかわいいか?やつらは食べ方は汚いわ、サケの人生を台無しにするわ、ましてや人まで襲うんですよ? テディもジャッキーもプーもミスターベアーズドリームもダッフィーも熊川哲也もくまだまさしも大嫌いだ。あ、でも熊田曜子はちょっと好きだ。

かわいいかわいいと持てはやすのもいいですが、クマの暗黒部分にもちょっとは注目すべきではないか、と思います。とりあえず、くまのがっこうでは、サケへの感謝の気持ちを持つことをしっかりと教えていただきたい。

2015年6月 3日 (水)

キャデリーヌが…

キャデリーヌ マイルドチョコレートを食べました。江崎グリコが販売しているアイスキャンデーです。(ご存知ない方はこちらをご参照ください。製造は豊和食品です。)

で、わくわくしながら箱から出してみると、こんな感じでした。は、箱に書いている大きさと違う…。棒が…棒の部分が長すぎる…。

Playguide_intro_1_51

最初はたまたまその1本だけが何かの間違いで小さいのかと思いましたが、箱の中の5本全部がこのサイズでした。棒の先にしかキャデリーヌがついてないよ…。なんかもう、キャデリーヌ自体は5センチくらいしかないような感じ…。

リンク先には「1本53ml、5本入り」と書いてあるので、重さを自分で量ってみたらよかったんですが、動揺しすぎてそこまで考えが至りませんでした。でも、買った箱は手元にあったので、表示を見てみました。

すると・・・えええええ!

1433263746241

「46ml×5本」になってるし…。そもそもグリコのサイトに載ってる商品とは違う商品だったのか、あるいは何かの事情で量が減ったのか…。

そこで思い出したのが、キャラメルに関する都市伝説でした。キャラメルの溝は、砂糖価格の変動に対応するために深くなったり浅くなったりしている、というやつ。

ビストロ・アニメシさまのこちらを読むと、どうやらそれは事実ではないみたいです。この都市伝説って、確か竹村健一氏も著書に書いてたはず。だいたいやねー、ええかげんなこと言うたらあかんわけでやねー。

キャデリーヌも砂糖やら牛乳の価格に影響を受けているのかもしれない、なんて思ってしまいました。いつか持つところがちょっとしかないような長さのキャデリーヌが食べたい…。

2015年2月23日 (月)

小保方さんの騒動から学ぶべきこと。

2014年に話題になった人物の1人が小保方さん。STAP細胞とやらの発表で持ち上げられたかと思いきや、あっという間に大バッシングに遭ってしまった人ですね。検証実験でSTAP細胞を再現できなかったこともあり、いまでは不正の疑いがあるとかないとか。

この話題は、世間ではものすごく大きく取り上げられ続けたわけですが、実は私はほとんど関心がありませんでした。

だって、文系でかつ大した知識もない私にとっては、STAP細胞が何の役に立つのかよくわからないし、他のさまざまな分野での発見と比べてどのようなニュースバリューがあるのかもよくわからない。少しでも知識があれば興味を持てたのかもしれないけど、いかんせん何の知識もないし、今さら付け焼刃の勉強したところでとてもきちんと理解できるとは思えない・・・。「みんなほんまにわかって感心してるんかな」というのが正直な感想でした。

その後の不正うんぬんの話についても、あの手の話は結構どの世界でもあり得ると思うんですよね。功名心から、あるいは利権がらみなどの理由で不正が行われることは、大して珍しい話ではないかと。

「実は小保方さんは不正を働いていなくて、悪いやつにはめられた」的な陰謀論についても、「そういうこともあるかもなー」という程度の感想で・・・。だって、いかんせん科学は全然わからんもん。判断のしようがない。

ただ、そんな私でも確かに理解できたのは、理化学研究所クラスの研究発表でも、精度はあんなもんなんだ、ということです。理研は日本におけるトップクラスの研究機関なわけでしょう?その研究発表においても、結論が間違っていることはあるし、不正が入り込む余地もある。だって、たとえ小保方さん1人が極悪人だったとしても、他のチェックする人たちは見抜けずに表に発表しちゃったわけで。小保方さんの騒動で、科学のわからない私のような人間が学ぶべきことはその1点に尽きると思います。

話は変わりますが、西日本では停止していた原発の再稼動への手続きが着々と進んでいます。新基準の適合性検査が原子力規制委員会によって進められ、ゴーサインが出されている状況です。

日本の新基準は世界でも非常に厳しいと言われていますし、原子力規制委員会のメンバーは我が国における原子力やら地質学やらの専門家ぞろいです。だったら大丈夫なのでは・・・などと思ってしまいますが、ここで小保方さんから学んだことを考えます。科学的に策定された新基準にも、間違いや不正はあり得ます。また、専門家がゴーサインを出したからといって、問題がないとは言いきれません。

ましてや、原発に関してはものすごい利権がからんでいるわけで・・・。はじめに結論ありきの再稼動のようにも思えてしまうし、正直、信頼性はSTAP細胞よりも低いような気がします。

で、もしもゴーサインがSTAP細胞だったとしたら、どのような実害が考えられるでしょうか。小保方さんの場合は、研究費が無駄になってしまったり、理研の信頼性が低下したり、残念な話ですが自殺者が出てしまったりしました。それはそれで大きなことなのですが、原発の場合、天災やら何やらでもしも事故が起こってしまうと、それこそ桁がいくつも違うくらいのデメリットが想定されます。経済的にも、健康被害という点においても、です。下手したら日本が滅びてしまうくらいの損害だってないとは言いきれません。

だとすると、再稼動しなくても電力をまかなえるのであれば、しない方向で努力すべきではないかと考えてしまいます。少なくとも現政権下での再稼動は、バイアスがかかっているので危険ではないかと。

小保方さん個人を持ち上げたり叩いたりするのも楽しいかもしれませんが、「騒がれていないだけで、あるいは表に出ていないだけで、どこの世界にもあの騒動はあり得る」という点にもう少し注目すべきではないかと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2015年1月25日 (日)

阪神駅弁大会2015の攻略法

 大阪・梅田の阪神百貨店で開催中の全国有名駅弁とうまいもんまつりに行ってきました。1月27日まで開催されているのでまだ少し時間がありますね。今年も攻略法を書いてみたいと思います。

※催事の基本的な商品区分(駅弁とうまいもん、輸送と実演)などについては過去に書いていますのでこちらをご参照ください。

まず今回の目玉ですが、ラインナップを見る限り、基本的にはリアス亭(岩手県・久慈駅)のうに弁当で間違いないと思います。 もともと駅弁ファンの間では幻の駅弁として知られていたうに弁当ですが、「あまちゃん」に調製元がモデルとなって登場したことで、全国的に広く知られるようになりました。1日限定20食で販売は現地のみという稀少性、そしてうにの満載感と価格のリーズナブルさでまさに「幻」だったうに弁当。それが実演で食べられるのですから、やはり目玉と考えてよいと思います。

輸送ではなく実演ですので、午前のうちに売り切れてしまって入手が難しい、ということもなく、おそらく夕方までに行けば確実に入手できるはず。実は私もまだ食べたことがなかったので、今回初めて食べられてラッキーでした。

もちろん、現地版とは作り手・原材料は必ずしも同じではないと推測されますが、それでもなお、やはりこの機会に食べておきたい駅弁です。女将ご本人も会場で調製されているので、レシピに関しては現地版とおそらく大きな違いはないものと思われます。

そんなわけで、今回の目玉はうに弁当で決まり!と言いたいところなのですが、個人的には一番のおすすめは別にあります。それが、花善(秋田県・大館駅)の鶏樽めし。 こちらは昭和45年から51年頃にかけて販売されていた駅弁を、約40年ぶりに復活させたといういわゆる「復刻駅弁」です。

過去のレシピや掛紙などを元に復刻する、という復刻駅弁自体は最近ときどき見られるのですが、「単にそれっぽく再現した」というレベルではなく、とにかく徹底的なプロジェクトだったことがお品書きからは伺えます。

勤続47年の従業員さんが味付けを思い出しながら、納得いくまで作り直したというホタテの甘露煮。当時使用していた「いそあげ」という蒲鉾(取引先の蒲鉾屋さんでは既に廃盤商品になっていたそう)は、今回の復刻企画のために再び蒲鉾屋さんにつくってもらったそう。

特筆すべきは、おてふきや箸、容器までも当時のデザイン・原材料を復刻しているとのこと。お箸は現在使用している秋田県産の杉箸ではなく、当時使用していた樺材を採用。掛紙もデザインを単に再現しただけではなく、当時使用されていたクラフト紙に印刷するというこだわりぶりです。

容器の樽に至っては、社内に蓋が残っていなかったので、わざわざ新聞広告を出して蓋の持ち主を探した結果、復刻が可能になったとのこと。ここまで徹底した復刻駅弁には今までも、おそらくはこれからも出会えないのではないかと思います。

もちろん、鶏めし界の東の横綱だけあってものすごくおいしいです。鶏めしよりも甘さが控えめなので、味付け的にはより広く好かれるものに仕上がっていると思います。しかも、ボリュームもしっかりあって、満足度は高いです。今回は実演で来ているので、朝から並ばなくても入手は可能。個人的には今年の目玉はこれに決まり!という駅弁でした。

ただ、本当に不思議なんですが、花善はあんまり並んでないです…。鶏めしで来たときもそれほど行列はできてなかったし、やはり駅弁大会に来る人は派手な海鮮系や牛肉系に目が行くのかな、と少し釈然としない気持ちになってしまいます。

まあでも、並ばずに買えるのは消費者にとってはありがたいことです。今回の復刻は3月31日までの期間限定販売とのこと。あと2か月ちょっとしか食べられないし、食べるなら今のうちですよー。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2013年12月 9日 (月)

憧れのポット

2013年も残りあと少しになりました。個人的には新年にいくつかの目標を設定したんですが、残念ながらまだ達成できていないものが1つあります。それは「会社のポットを使う」ということです。

職場にはポットが置いてあって、同僚はみんな息抜きにコーヒーをいれたり、昼食にお味噌汁やインスタントラーメンを作ったりしています。私はいま働いている会社に転職して2年近くになるんですが、いまだにポットのお湯を使う勇気が出ず、ペットボトルあるいは水筒で持参したお茶やコーヒーを飲んでいます。

「普通に使ったらいいのでは」と思うかもしれませんが、入社したばかりの人間にとって、ポットってハードルが高くないですか?もともと人見知りかつ自意識過剰なので、「自分がお湯を使ったときにちょうど空っぽになって、他の人が使えなかったらどうしよう」などとあれこれ考えて遠慮しているうちに、完全にタイミングを逃してしまいました。

現状としては、2年近くの間まったくポットを使っていないので、私は今やポットを使う人として認識されていません。勇気を出して使ってみようとも思いましたが、自分がポットを使った瞬間に職場全体の空気が凍りつくのではないか。他の人が使っても誰も気にしないのに、私がお湯を出した途端に時空が歪むのではないか。「なんでお前が使うんだ」と白い目で見られるのではないか。そう考えると怖くて使えない。ほとんど筒井康隆の「熊の木本線」の世界です。

それに、私は実はお湯の補充方法をいまだに理解していません。同僚が給湯室にポットを持っていっている光景はときどき目にしますが、具体的に何をしているのかがよくわからない。水を入れているのか、お湯を入れているのか。洗っているのかどうか。さっぱりわからない。

いや、訊けば済む話なんですが、人見知りかつ自意識過剰な性格なので、今さら訊けないわけですよ。入社してすぐのときだったら何も知らなくて当たり前だから訊けるけど、2年近く経った今になって「ポットのお湯どうやって補充するんですか」なんて訊いたらどう思われるかわかったもんじゃない。

私としては、使うからにはこまめに補充をして「他の人が使おうと思ったらお湯がない」という状態を避けたいんです。補充方法もわからない人間にポットを使う権利がありますか。いや、ないはず。

ああ、ポットさえ使えれば、温かいコーヒーやらココアやら紅茶やらも飲めるし、なんやったらお昼にお味噌汁やらコーンポタージュを飲むことも可能なのです。おしるこだって生姜湯だって飲める。ああ、憧れのポット・・・。

いっそのこと、自分用に携帯用ガスコンロを持参しようかとも考えましたが、会社の机にガスコンロを置いてやかんでお湯を沸かしていたら、明らかに怪しい人です。魔法瓶でお湯を持参しようかとも思ったけど、そのお湯でコーヒーをいれているところを目撃されたら「なんでポットを使わないんだ」と訝しがられそうでそれもできない。

えっと・・・これから社会人になられる方、あるいは新しい職場に移られる方にアドバイスです。とにかく、初日から勇気を出してポットを使ったほうがいいと思います。お湯の補充方法も初日に理解しておくべきです。そうしないと、いつまでたってもポッと出の新人のままですよ・・・。

来年こそは・・・2014年こそはポットを使えるように戦略を練りたいと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2013年11月15日 (金)

笑う女にカルチャーショック

サンリオの食べキャラ総選挙がおもしろいです。

もともと私はサンリオキャラの玉石混交な感じが好きで、キャラクター図鑑を持ってたりします。キャラクターは毎年のようにたくさん生まれているのですが、人気を博して主力になれるのはごく一部。それはまるで、毎年多くの選手が入団するにも関わらず、そのほとんどがレギュラーになれずに終わってしまうというプロ野球の世界すら連想させます。

ハローキティやらリトルツインスターズ(キキララのことね)、マイメロディあたりは初期から活躍している大キャラクターであり、最近のウサハナやらぼんぼんりぼんは、彼女たちを脅かすべく主力に成長したニューカマーなわけですね。シナモロールやらポムポムプリンあたりも、登場は遅かったものの安定したファンを掴んでいる主力組であると思われます。

で、主力に成長したキャラクターもいれば、そうはならなかったキャラクターもいるのが世の中の厳しさなわけで。個人的には、あまり日の目を見なかったキャラクターに注目してしまいます。不遇のわが身に重ねてしまうからでしょうか。

一番好きなのがカルチャーショック。手持ちのキャラクター図鑑によると「ふるきよきじだい はなのみやこ パリに いった ゆめのすけと てつのしんの たいけんき。」と説明があります。要するに、西洋文化に初めて触れてカルチャーショックを受けた2人、ということなんでしょうね。

どちらがゆめのすけで、どちらがてつのしんなのかはわからないのですが、キャラクターを見る限り、どうやら1人は西洋文化に拒否姿勢を示し、もう1人は楽しんで取り入れようとしているように見えます。他のメルヘンなキャラクターたちの中で明らかに異彩を放っている彼らが気になって仕方がなく、グッズが欲しくて探しているのですが、ちっとも売ってないのです。

笑う女も外せません。キャラクター図鑑によると「“はははは”の わらいとともに いつもとつぜん みんなのまえに あらわれる。」とあります。あらわれたらこわいです。これはおそらく、実験的・先鋭的な試みとして作られたキャラクターではないかと推測します。キャラクター界のビブラストーンみたいなものでしょうか。

他にも地味というか「こりゃあかんやろ」と思うキャラクターはたくさんいるのですが、個人的にはポチャッコを見るたびに少し切なくなります。サンリオを代表する犬キャラとして、一時期は確かに主力だったポチャッコ。でもシナモンロールやらポムポムプリンやらの登場により、明らかに日陰に追いやられた感があります・・・。このままで終わっていいのかポチャッコ。倍返しだ!

ゴロピカドンも気になります。昔は姉がグッズを持っていたような記憶があるのですが、最近ではとんと見かけません。やはり原爆を連想させる名前が悪かったのでしょうか・・・って考えすぎか。

あ、なんかサンリオキャラについて長々と語ってしまい、肝心の食べキャラ総選挙の話にまで行き着きませんでした・・・。どれも結構かわいらしくておもしろいです。詳しくはまた別の機会に。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2013年7月 7日 (日)

朝ぜんざい

暑い日が続きますが、私は朝食に「朝ぜんざい」を食べています。

といっても、温かくておもちの入ったぜんざいではなく、市販のゆであずきを冷たい水で単に薄めただけのぜんざい。手抜き極まりないメニューですが、食欲のない夏でもさっと食べられるので、個人的には今後大ブレイクするのではないかと思っています。

別にあんこメーカーの回し者ではないんですが、とりあえず朝ぜんざいのメリットを思いつくままにまとめてみました。

────────────────────────────────────

○手早く作れて手早く食べられる。

パンは焼きあがるまでに時間がかかるし、暑い朝にはなかなかのどを通りません。ごはんも同様で、調理に時間がかかるし、食器も2つ3つ使うので洗う手間も発生します。その点、朝ぜんざいなら必要なのはおわん1つ!しかも調理からごちそうさままで、最短で40秒くらいあれば終わります。忙しい朝に最適!

○栄養価が朝食にぴったり。

朝食にも適度に血糖値を上げる食品が適していると言われますが、ぜんざいには糖分がたっぷりなので脳に栄養を与えられます。しかも、食物繊維も豊富なので、血糖値の上昇がゆるやか。食物繊維を摂ることによる、便秘の予防効果も期待できます!加えて、小豆に含まれるポリフェノールには抗酸化作用があると言われています。美容と老化防止に役立つかも!

○国産食材で価格も手頃。

私は井村屋のゆであずき、あるいはトップバリューのゆで小豆を使っていますが、どちらも小豆は北海道産100%。価格も300円くらいだし、経済的に無理なく続けられます!

────────────────────────────────────

うーん、否定する要素がそんなに見つからないですね。もちろん、朝食有害説の立場からは全否定されてしまいそうですが・・・。

塩こうじの次は朝ぜんざいでっせ、と勝手に思っております。ぜんざいをおいしそうに食べるじゃりン子チエちゃんあたりをCMキャラクターにしたら、きっと食べたくなると思うんだけどなー。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2013年5月26日 (日)

鮎屋三代に挑戦!

自宅の冷凍庫にいただきものの鮎が眠っていたので、八代駅(熊本県)の駅弁「鮎屋三代」づくりに挑戦してみました。

「鮎屋三代」は駅弁としての歴史はそれほど古くありませんが、今では九州を代表する駅弁の1つとして定着しています。熊本空港の空弁としても売られているみたいです。

私も駅弁大会で何度か購入したことがありますが、確かに完成度が高くておいしいお弁当でした。完全に再現するのはもちろん不可能ですが、なんとなく「鮎屋三代もどき」をつくってみようと思ったのでした。

といっても、レシピの情報は入手できなかったので、Cpicon 骨までやわらか!圧力鍋で鮎の甘露煮 by ありもちゃんを参考にさせていただきつつ、あとは自己流でやってみました。

ざっくり説明すると、まず鮎の内臓を取ったあとに、グリルで少し焼き色をつけます。圧力鍋に移して鮎が浸るぐらいの水を入れ、醤油・みりん・酒・砂糖で味付け。ここでは少し水を多め、味を薄めにすることを心がけました。

25分加圧して圧が抜け終わったら、煮汁を炊飯器に入れてごはんを炊きます。圧力鍋には少しだけ煮汁を残しておいて、調味料を追加して少し濃く味付け。で、卵焼きやら葉ものやらを別に調理して盛り付けました。

完成した「鮎屋三代もどき」はこんな感じ。

Ml_ts3y00020002

容器は高山駅(岐阜県)の「開運さるぼぼ弁当」を使ってみました。大きさがちょうどいいんですよね~。味的には、鮎はちゃんと頭からしっぽまでやわらかくなったし「まあ大きく言えばこんな感じよね」というお弁当には仕上がったと思います。

てか、私の作った料理って圧力鍋率が高いですよね・・・。別に圧力鍋メーカーの回し者ではないんですが…。本当は圧力鍋なんか使わずに、長時間ぐつぐつ煮込んで作ってみたいんですけどね。ずっと自宅にこもるのは難しいし、仕方なく圧力鍋に頼ってしまいました。

ちなみに、私が使っているのは国産のごく一般的な圧力鍋です。別にバカ高いフィスラーやらシラルガンを買わなくても調理はできると思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

«高校生の自殺者数

twitter

  • ツイッター