2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

脱原発とイデオロギー

反原発、脱原発の勢いが増していて、さまざまな集会やデモなども行われているようです。京都大学原子炉実験所の小出裕章氏や神戸大学名誉教授の石橋克彦氏、未来バンク事業組合の田中優氏、作家の広瀬隆氏などが、割と引っ張りだこになっていますね。

でも、この面々を見てどこか物足りなく感じてしまう自分がいました。確かに素晴らしくそうそうたるメンバーだと思うんですが、基本的にずっと反原発を主張してきた人々なので、だいたいどんなお話をされるのかも予想できてしまう。

同じような考え方を持った人を集めて、内輪感覚で気勢を上げて、何やったら反原発の歌でも歌ってたら確かに気持ちいいしすっきりするだろうけど、本当にそんなことで満足していていいのか、と。それって労働組合や政党の「団結ガンバロー」と大して変わらないし、もはや脱原発はそんなふうに内輪で終わらせる話ではないと思います。どうも何か物足りない。

で、思い出したのが、中谷巌という経済学者。この人は小渕内閣以降の自民党政権のブレーンとして、新自由主義に基づく構造改革を推進してきた人ですが、後にそれが間違いであったことを認める著書「資本主義はなぜ自壊したのか」を発表して話題となりました。本の出来の良し悪しはさておき、推進する側だった人が、後に間違いを認める。これはものすごく勇気のいることだし、それだけにすごく説得力があると思います。ある意味、ずっと人生を賭けて主張してきた人の話以上に。

なので、脱原発にもそういう人がいないかなあ、そしてそういう人の話が聞けないかなあ、と思います。今までは原発推進派だったけど、今回の事故で考え方が変わった人。そういう人の話は説得力があるし、脱原発の広がりにも繋がるはず。何度も書きますが、脱原発は内輪の運動で完結するような、スケールの小さい話ではないと思います。

これまでの原発推進と反原発の対立は、なぜか左右のイデオロギーと一致してしまっていました。これは本当に不幸なことで、結果として保守の人は脱原発の意見になかなか耳を貸しませんでした。「どうせお前らは何にでも反対なんやろ」という感覚だったんでしょうね。

でも、原発は本来はイデオロギーとは関係ないはずだし、今はそんなことを言うとる場合ではないわけです。ここはいったん、クールな思考で、イデオロギー抜きで声を上げる必要があります。

理想を言うなら、経済産業省や東京電力にも今回の事故で考えが変わった人がきっといると思うし、そういう人たちを取り込んだ集会・イベント・冊子の実現を期待したいと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2011年5月30日 (月)

メドレー

少女時代が金曜日のMステに出演して、なんとメドレーを披露してくれるらしいです。日本語曲しか歌わないと思うので、普通に考えたら「GENIE」「Gee」「Run Devil Run」「MR.TAXI」のメドレーなんだろうけど、もしかしたらアルバム収録曲も歌うかも!めっちゃ楽しみです。

明日明後日は大阪でライブだし。どこに泊まってるんだろう、なんてあほみたいなことを考えたりもしてしまいます。まあ、少なくともうちの近くのプラザオーサカではないんだろうな。勝呂誉氏に案内してもらうこともないんだろうな…。道頓堀のたこ焼き屋には、ユリのファンが待ち構えるのではないだろうか。

今日はこんなニュースもありました。

タワレコで「少女時代」の衣装展開催決定!

衣装展だし、どうなんだろう、やっぱり女の子のファンのほうが多いのかな。時間があるときにのぞきに行こうと思います。浮かなければいいけど…。

ちなみに、本日5月30日はユナの誕生日ですね。생일 축하합니다, 윤아!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2011年5月29日 (日)

少女時代とリプトン

少女時代がリプトンのCMに出演!ということで、さっそく森永乳業のサイトをチェックしました。ユナやテヨン、シカ様は相変わらずの美しさですが、やはり今回もティパニに釘付け…。なんかやたらとかわいいんですけど。何があったんだろう、というくらい。

気になったのは、ソヒョンがほとんど映ってない…。バージョンが2つあるのに、どちらもほとんど映ってないってどうなんだろう。ヒョヨンですらちゃんと映ってるのに。満遍なく映ってこそのSNSDだと思います。

ちなみに、リプトンはユニリーバのブランドですが、缶・ペットボトルはサントリーフーズ、パック飲料は森永乳業が販売していて、ユニリーバは茶葉のみ、ということのようです。SNSDが飲んでいるのはパック飲料なので、森永乳業のCMですね。

リプトンに関しては、認証型フェアトレードの問題点を指摘した「苦い紅茶」というドキュメンタリーに登場するので、あまりいい印象を持っていない人も多いかもしれません。私はこの作品はまだ観ていないけど…。いろいろな批判があることはわかっていても、私はしばらくの間、パックの紅茶を買うときにはきっとリプトンを選んでしまうと思います。だってSNSDと同じものを飲みたいもん…。あほな消費者の一例ですので反面教師にしていただければ幸いです。

少し前、KARAの給料がとても安くて、搾取だとか何とか報道されました。SNSDの労働環境はどうなんだろう。搾取される側なのか、する側なのか。リプトンのCMを見ながら、そんなことも考えてしまいました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2011年5月28日 (土)

三越伊勢丹で買ったもの

JR大阪駅に開業した三越伊勢丹とLUCUAに行ってきました。大きい建物なので全部を見てまわるのは大変でしたが、一応ひと通りざーっと見ました。

感想としては、なんだか東京が引っ越してきた感じ、でした。東京資本のお店が多いのに加えて、建物のつくりがなんとなく東京のデパートっぽい…。まあ、東京のデパートだから当たり前なんですが。

私はファッションのことはよくわからないけど、結局入っているお店のほとんどは、阪急とか大丸、阪神にも重複して入ってるんですよね。どういう人がこっちに流れるのかなあ、と素朴に不思議に思いました。

食べ物関係としては、レストラン街はLUCUAと三越伊勢丹で価格帯が違いました。LUCUAだと1000円以内でも食べられるけど、三越伊勢丹は青天井でした。そして案の定、LUCUAのレストラン街は大行列。どこからこんなにおばさんを連れてきたの、と思うくらい…。

デパ地下にはジャン・ポール・エヴァンや赤福に行列ができていました。今まで伊勢に行かないと食べられなかった赤福氷を、大阪で食べられるのは確かに魅力だけど、なんだか味気ないような気もします。

レストラン街はおしゃれで輝いていたけれど、私はやっぱり、阪神百貨店地下のスナックパークのほうが落ち着けると思いました。おしゃれに興味のない庶民には無縁の場所、ということでしょうか…。

今回、私が三越伊勢丹およびLUCUAで購入したのは、こちらのわかさいも。内藤大助氏のCMでおなじみですが、私は食べたことがなかったので、思わず買ってしまいました

Dscf2219 イラストは、おおば比呂司氏ですね。

Dscf2220

わかさいもは、「芋を使わずに焼き芋を」というコンセプトの元に、さつまいもを使わずにさつまいもっぽさを出しているお菓子。さつまいもっぽく見えるように、わざわざ昆布を使って繊維質を表現しているそうです。原材料は「砂糖、大福豆、手亡豆、小麦粉、醤油、鶏卵、昆布、食塩」ととてもシンプルだし、味もおいしかったです。

しかし、今をときめくおしゃれスポットに出かけてたのに、唯一買ったのが「わかさいも」って…。そりゃ女の子にもてないはずですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2011年5月27日 (金)

オトコを下げる宣伝方法

わざわざ書くまでもないことだとも思うのですが、心配なので念のため。アンファー株式会社の薬用シャンプー「スカルプD」について。なんとSMAPの2人がCMに出るみたいですね。

中居正広:効果実感「髪の毛にハリとコシ」 スカルプD新CM発表会

スカルプDは、以前から吉本興業の芸人さんを起用した「K-BO-BOプロジェクト(現・K-BO-BO JAPAN)」という広告を展開しています。シャンプーを使い続けた芸人さん達の頭皮状況をウェブサイトで公開しているのですが、それを見ると、確かにほとんどの芸人さんの髪の毛が増えているように思います。

それだけ見ると「すごいなあ」と思ってしまうのですが、サイトをよく見ると下記の注意書きがありました。

※効果には個人差があります。また、頭髪治療との併用でスカルプD単体の効果ではありません。

つまり、確かに彼らはスカルプDを使っているけれども、並行して医薬品なども使用しているということですね。具体名は書いていませんが、おそらくは医療用医薬品であるフィナステリド錠(商品名:プロペシア)を服用するとともに、ミノキシジル配合の育毛剤(商品名:リアップ)を塗布しているのではないかと思われます。

となると、髪の毛が増えた理由がスカルプDのおかげかどうかは全くわかりませんよね。スカルプDの効果かもしれないけど、他の医薬品の効果かもしれない。

というか、医薬品として認可される過程には気の遠くなるような検証が行われる(そうじゃないと効果・効能を謳えない)と聞きます。普通に考えたら、毛が生えてきたのは医薬部外品のシャンプーではなく、医薬品の効果であるとみなすのが自然なように思います。

でも、何も考えずにCMだけを見ると、シャンプーだけで生えてくるように見えてしまいますよね…。購入している人達は、本当に「併用」の意味を理解して買っているのかな。単に私があほなだけならいいのですが、ちょっと心配になったので念のため書いてみました。

スカルプDの成分を見ると、豆乳発酵液を始めとしたさまざまな成分を入れる一方で、できるだけ低刺激性にしようと試みていることがわかります。価格が3800円と高いので私は買わないけど、もしも500円くらいだったら私も1回使ってみたいと思ったはず。きっとシャンプーの中には豆乳発酵液だけでなく、広告費も含まれているんでしょうね。

せっかく商品はそこそこ真面目につくられているのに、宣伝方法が少し誠実でないのは残念です。もっと消費者が納得して買えるような形で宣伝すれば「オトコが上がる」のではないかと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

2011年5月26日 (木)

チョコレートの選択肢

近所のマックスバリューでフェアトレードチョコレートを見つけました。味は「まろやか口どけミルク」と「甘さひかえめビター」の2種類。FLOによる認証ラベルが付いています。

Dscf2213

何よりびっくりしたのがその価格。48グラムで118円です。これは安い!思わず、レジャービル味園の懐かしのCM(※音が出るので注意)「大ビンビール290円、これは安い!」のように、お店で叫んでしまいました。

フェアトレードに関してはいろいろな批判もあって、私自身も100%賛同しているわけではありませんが、少なくとも生産者のくらしや環境を守る一助にはなり得ると思っています。それに、仕組みが完璧でないからといって、現状維持のまま放置しておいてよいとも思えません。なので、私はときどき意識的にフェアトレード商品を買うようにはしてるんですが…。

とにかく、どれもこれもやたらと高いんですわ。

例えば、有名なプレス・オールタナティブ地球食のチョコは、100グラムの板チョコ1枚が400~500円します。ロッテのガーナミルクや明治チョコレートよりは分厚いけど、それらはスーパーでは100円もしないので、価格の違いがあまりにも大きいのが現実です。品質・味も大きく異なるらしいのですが、悲しいことに私にはよくわからないので、価格の違いだけが重くのしかかってきます。

その点、このトップバリューの商品なら、同じような内容量・形状の森永ダースと比べてもさほど値段が変わりません。ちなみに、ダースは45グラムでだいたい89~100円くらいかな。20~30円くらいの差なら、比較的抵抗なく買えるような気がします。余は満足じゃ、という感じです。(「すんなっ」と言っていただければ幸いです。)

コンビニやスーパーに並んでいる高価格帯チョコよりはむしろ安いし、ジャン・ポール・エヴァンピエール・マルコリーニあたりと比べると、もはや比較にならないくらいの安さですよね。まあ、味も比較にならんのかもしれないけど…。

大切なことは、消費者にとっての新しい選択肢ができたことだと思います。フェアトレード商品をチャリティ感覚・おしゃれ感覚で買うのではなく、普段の買い物の一環として買うという選択肢は今までなかったはず。チャリティやおしゃれの人はこれからも高価格・高品質のフェアトレードチョコを買えばいいし、そうじゃない人は無理せず安いチョコを選べばいい。輸入・小売業者には、これからも多くの選択肢を提供してほしいと思います。

ちなみに、同じくトップバリューのフェアトレード 有機メキシコ レギュラーコーヒーも素晴らしい試みだと思いますが、いかんせん酸味がきつくて私の好みではないのが残念。もうちょっと酸っぱくないやつを出してくれないかなあ。

人気ブログランキングへ

2011年5月25日 (水)

美容院の背後霊たち

私はずっと自分で髪を切っているので、美容院には行ったことがありません。なので美容院の実情には全くもって疎いのですが、外部からガラス越しに眺めていて、いつも不思議に思うことがあります。それは、ぼーっと立っている人たちのことです。

美容院のどこもが常にお客さんに満ちているわけでは当然なくて、私が通りかかるお店では、たいていお客さんは1人か2人しかいません。で、担当の美容師さんらしき人が髪をいじっているわけですが、その様子を背後から3人くらいの若者がじーっと見つめている。特に何をするでもなく、ただ立ったままじーっと。何なんですかあれは、といつも思います。

もちろん、ボスから何か指示があれば何かしら手伝ったりするんでしょうが、どう考えてもお客さん1人に対して3~4人がかりはおかしいので、結果として何もすることがない状態なんでしょう。それはわかるんですが、お客さんに対してすることがないんだったら、例えば掃除をするとか、帳簿をつけるとかすればいいと思うし、そういうことすらないんだったら、もう奥へ引っ込むべきだと思うわけです。背後からじーっと見つめるのって、お客さんに対する態度としてどうなんだろう。

私は美容院には行かないけど、もしも私が客だったら、背後から複数の人に見つめられるのなんて絶対に嫌だし不快です。髪を他人に触られることすら恥ずかしいのに、それを担当の人以外のようわからんやつらに見つめられる。しかも背後から。なんか客商売として失礼極まりないと思うんですが…。

もしかしたら、背後霊たちはまだ見習いの美容師さんで、仕事がないときは先輩の技術を見て勉強するように言われているのかもしれませんね。でも、客にとっては彼らの勉強なんてどうでもこといいだし、そもそも「客を使って勉強しないでくれ」「勉強なら閉店後に内輪でやってくれ」と思うのが自然ではないかと。

それとも、普通の人は、自分の髪がカットされたりする様子を多くの人に見てほしいと思っているのでしょうか。私が異常なだけ?そういえば、最近は店舗がガラスで囲まれていて、夜間は店の中が外から丸見えの美容院も多いですよね。私なら「外から見えないようにしてくれ~」と思うけど、「道行く人みんなにも見て欲しい」と考えるのが普通の感覚なんでしょうか。

うちの近所には美容院が本当にたくさんあって、同じくたくさんある整骨院と覇権を争っています。飲み屋さんなどの飲食店がしょっちゅう潰れて入れ替わっているのに対して、美容院や整骨院のほとんどは潰れずに続いています。どこもそんなにお客がいっぱいには見えないのに。よほど儲かるシステムなんでしょうか…。私には美容院はわからないことだらけです。

人気ブログランキングへ

2011年5月24日 (火)

中村紀洋の実力

私はプロ野球を観るのが好きだけど、巨人が嫌いということを除けば、特に応援しているチームはありません。昔は阪神と近鉄ファンでしたが、阪神はお金持ちになったので好きではなくなったし、近鉄は消滅してしまいました。

なので、今はチームというよりも個々の選手に注目しているだけなんですが、どうしても気になるのが旧近鉄の選手達。2004年に消滅して以来、どんどん数が少なくなっています。当時の主力で今もまともに活躍しているのは、楽天の岩隈・高須両選手、オリックスの北川選手くらいでしょうか。

そんな中、飛び込んできたのがこのニュース。

<横浜>中村紀洋内野手を獲得

中村紀洋は言うまでもなく、近鉄末期のいてまえ打線を支えた4番打者です。この人ほど波乱万丈の野球人生を歩んでいる人はなかなかいないと思います。持ち上げられたり叩かれたり、浮いたり沈んだり、ふてぶてしくなったり謙虚になったり。昨年末に楽天から戦力外通告を受けて以来、今年は浪人生活だったわけですが、この度晴れてプロ野球界に復帰、ということですね。

近鉄ファンの私としては、悪い評判をいくら聞いても、やはり中村選手には頑張ってほしいという思いを持っています。近鉄が消滅したシーズンの最終戦、当時の梨田監督は「みんな胸を張ってプレーしろ。お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番だ」と選手に話したそうです。そう、私の中では中村紀洋は今もいてまえ打線のメンバーだし、背番号5は近鉄バファローズの永久欠番なわけです。プレーが観られるだけで幸せだし、個人的には応援しようと思っています。

ただ、中村紀洋の実力については、私はそれほど評価しているわけではありません。一流だとは思うけど超一流ではないと思います。具体的に言うと、怪我なく1年を過ごしたとしても、3割40本ではなく、2割7分25本くらいの選手ではないかと。現在は力が落ちているから、という理由ではありません。全盛期でも本来はそれくらいが妥当だったと考えているわけです。

彼がタイトルを取ったりして大活躍していたのは、2000年~2002年あたりですが、その当時はパ・リーグが戦力的にバランスを欠いていた時期でした。おそらくFA制度やドラフトにおける逆指名制度の弊害が最も如実に現れた時期だったのでしょう。パ・リーグ各チームの投手陣、とりわけ左腕投手のレベルが著しく劣っていた時期だったと思います。

当時主力だった左腕投手は、日本ハムの正田、オリックスの金田、ロッテの加藤、そして近鉄の前川あたりでした。プロ野球に少し詳しい人なら、きっと彼らが超一流の投手ではないことがわかると思います。(なんやったら、今の杉内・和田・武田勝・成瀬あたりと比べてみてください)実際、彼ら自身もこの頃がキャリアハイで、その後、セ・パ両リーグの戦力バランスが均衡してきた頃には大して活躍しませんでした。

また、近鉄のローズや西武のカブレラが、55本というホームラン記録を打ち立てたのもこの時期です。いかに投手のレベルがおかしくなっていたかがわかると思います。

中村ノリの場合も当時の左腕投手たちと同じで、2003年以降はずば抜けた成績を残していません。中日時代には復活して大活躍しましたが、それでも打率は3割に届いていないし、ホームランも20本程度。このあたりの数字が、彼本来の実力ではないかと思うわけです。

もちろん、その成績でも主力としては十分だし、一流打者の数字であることには間違いありません。それに中村ノリには単なる数字以上の華があるし、個人的には、彼には今もいてまえ魂があると信じています。そして、アスリートである以上、いくつになっても成長する余地はあるはずです。中村選手には、今年を打撃開眼の年、キャリアハイの年にするくらいの意気込みを期待したいと思います。

人気ブログランキングへ

2011年5月23日 (月)

巻戻し

DVDを観ているとき、ちょっとせりふを聞き逃したりしたら、リモコンの〔Cocolog_oekaki_2011_05_23_02_36〕を押して少し前の画面に戻しますよね。この操作のこと、何て呼んでいますか?私は当たり前のように「巻戻し」と呼んでいたのですが、どうやら今は違う呼び方になっていることに最近気づきました。

そう、「早戻し」なんですって。

確かに「巻戻し」は完全にテープのイメージですよね。文字通り巻いて戻していました。DVDやハードディスクの場合、回転はするだろうけど何も巻かないので、「巻戻し」という表現はおかしいと言えばおかしいわけです。

で、「早送り」の反対としての「早戻し」。実際、私が使っているDVDプレイヤーのマニュアルにもそのように記載されていました。正しい表現だとは思いますが、私はまだいまいちしっくりこないです。この表現は定着しているのでしょうか。私みたいにいまだに「巻戻し」って言ってる人はまだ多いと思うんだけどな。

お気に入りの歌を録音したくて、テープレコーダーのマイクをテレビに近づけていた時代が懐かしいですね…。家族に「静かにして!」とか言って。でも、そんなときに限って電話が鳴ったりして…。あのころに時間を巻戻すことはもうできなそうです。

人気ブログランキングへ

2011年5月22日 (日)

エッグタルト

最近お気に入りのアンドリューのエッグタルトを食べました。私はお菓子が大好きですが、たいていの場合リピートすることはありません。でもここのエッグタルトを食べるのは4回目くらい。今のところ、他においしいエッグタルトを出しているお店をまだ発見できていないので、こちらのものを買っています。

Dscf2215

香港って日本人にとってはメジャーな旅行先の1つだし、その香港で最も有名な食べ物の1つがエッグタルトなのに、どうして日本では出してるお店が少ないんだろう。ちょっと不思議です。本当はどこのお店でも作っているのに、私が気づいていないだけなのかな。

アンドリューさんのはタルトがパイ生地なので、日本ではすごく好まれると思います。ケーキほど重くないし、傾けても大丈夫だし、手土産にも適しているはず。ただ、個包装ではないし日持ちもしないので、職場の人全員に、などの場合には向きません。

個人的には、エッグタルトのお店の次は、許留山に日本進出してほしいです!こちらはデザート屋台で、マンゴープリンやジュース類を安く手軽に味わえます。「こんなお店が日本にもあったらいいのに!」と香港に行ったときに強く思いました。

日本にも最近はジューススタンドは増えてきたけど、なんか中途半端におしゃれで単価の高いところが多いように思います。夏を乗り切るには、手軽に利用できる街中のオアシスが不可欠。150円~200円くらいの価格帯じゃないと誰もが手軽には利用できないでしょう。まあ、それでは採算が合わないから「ヘルシー」「美容」「おしゃれ」などの付加価値をつけてるんでしょうが…。許留山の進出が無理なら、誰かそんなお店始めてくれないかなあ…。

人気ブログランキングへ

2011年5月20日 (金)

茹で時間

自宅で冷麺やラーメンを茹でるときに気になることがあります。

いつも私は、まずお鍋にお湯を沸かしてから、麺を袋から出して入れ、キッチンタイマーで時間をセットします。そして3分なり4分なり、パッケージに書かれた時間が経過して「ピピピ」とタイマーがなったら、お鍋からざるに移してお湯を捨てます。

きっとほとんどの人がこの流れでつくっていると思うんですが、私が気になるのは茹で時間。お鍋に麺を入れたあとはお箸で少しかきまぜるかと思いますが、その間に5秒くらい経ってしまいます。その後にタイマーをセットすると、「ピピピ」となる頃には3分5秒になるわけで、音に気づいてからおもむろに火を止めて移すとなるとまた5秒。つまり合計で3分10秒になってしまう。

この余分な10秒によって、製造元が考える理想的な状態の冷麺・ラーメンにならないのではないか、というのが気になるわけです。

タイマーを1分短く設定したら問題なさそうですが、その場合は「ピピピ」となったあと、50秒ほどぼーっとお鍋を眺めるはめになります。忙しい現代人にそれができるのでしょうか。

そこで、1分50秒、2分50秒、3分50秒が正確に計れるキッチンタイマーの開発を希望したいと思います!それがあれば、まさにぴったり3分の茹で時間で冷麺やラーメンを調理できるはず!

あ、そうか。よく考えたら、麺を入れる前にタイマーを押せばいいわけか。そしたら茹で時間は少し短くなるけど、さまざまなロスタイムを考慮するとトータルではちょうど3分になるかも。私があほだっただけですね。でも、みんな本当にそうやってるのかなあ。

人気ブログランキングへ

2011年5月19日 (木)

シングルイシューと民主主義

大阪府の橋下知事に関するこのニュース。

ツイッターに「これが民主主義だ」 橋下知事、国歌起立条例で攻勢へ

国歌起立条例についての私の感想は、橋下知事の如才なさに書いたので特にここでは書きません。まあ、起つぐらい大したことじゃないし、公式の場で輪を乱してまで無理に自己主張する必要はないのかなとも思います。規則を守らないことや、場の空気を乱すことによって不快に思う人もきっとたくさんいるわけだし。他人が不快に思うことはしない、というのは確かに大切なことですね。靖国参拝なんかも同じだと思います。

国歌や国旗に反対する人は、心の中でアカンベーなりファックユーなりしとけばいいわけです。マイノリティで反権力な姿勢はかっこいいと私は思うけど、何もこれみよがしに周囲にアピールする必要はない。さすがの橋下さんも心の中までは処分できないでしょう。まあ、やりかねないけど。

さて、今日言いたいのは、「これが民主主義だ」という橋下知事の発言。橋下知事が前回の知事選で勝ったことは事実だし、大阪維新の会が先日の府議・市議選で大勝したことも事実。橋下知事の発言は正しいと思います。確かにこれが民主主義なんでしょう。

ただ、理解しないといけないのは、先日の府議・市議選における維新の会候補の訴えは、ほとんどが「大阪都構想」の実現についてでした。「当選したあかつきには、国歌斉唱時に起立しない教員を処分して辞めさせます!」という主張をメーンに掲げていた候補者は、私の知る限りでは多くなかったと思います。少なくとも選挙公報やウェブサイトにはほとんど見られませんでした。

まあ、最近はサッカーの試合でも国歌が歌われるみたいだし、今回の橋下知事の方針には賛成する人も多いんでしょうね。でも、もし府議選・市議選のときにこの方針を大きく掲げていれば、もしかしたら少し違う選挙結果になっていたかもしれません。

何が言いたいのかというと、民主主義ってこういうもんだということです。耳障りのいいことをシングルイシューで主張して数さえ取ってしまえば、あとはどんなことをしても「お前らが選んだんやろ」となってしまう。逆に言うと、もしも本当に実現したい政策があるのなら、それを隠しつつ、耳障りのいいことだけを掲げて数を取るというのが賢い戦略ということになります。

もうおわかりだと思いますが、これは小泉元首相が2005年の総選挙で使った方法ですよね。「郵政民営化に賛成か反対か」だけを争点にして大勝しました。橋下さんは頭のいい人なので、同じ手法を使ったんだと思います。もしかしたら大阪都構想なんて本人もどうでもいいと思っていて、他のやりたいことを実現するために、シングルイシューに選んだだけなのかもしれませんね。

有権者は学ばなければいけないと思います。為政者の掲げるシングルイシューが、本当に今最優先で考えるべき大切なテーマなのか。本当にその人に、シングルイシュー以外のすべてを託してもいいのか。

その意味では、私が今懸念しているのは「国会議員の定数削減」というテーマです。これも耳障りがいいので、シングルイシューにされてしまうかもしれませんね。でも、大切なのは削減の中身。比例だけ削る案になると、国会は民主党と自民党の議員だけになってしまいますよ。似たりよったりの、同じような主張の議員ばかり大量にいても何の意味もないと思いませんか。

どうしても削るのであれば絶対に小選挙区を削るべきだし、そもそも定数削減はイコールで少数意見の排除になり得ることを理解すべきでしょう。歳費を削るのと、定数を削るのとでは意味が全く異なってきます。

人気ブログランキングへ

2011年5月18日 (水)

田母神さんと放射能

航空自衛隊の元幕僚長である田母神俊雄氏のサイトを見て仰天しました。政府による飯館村への避難要請について「平成の強制連行」であると非難し、挙句の果てには「政府は福島県の人たちを追い出して、福島県の土地を中国人にでもくれてやるつもりでしょうか」なんて書いてある。

私も政府の対応は必ずしも良いとは思っていなくて、例えば放射線量に関するデータとそれが与える影響については、もっと包み隠さずに情報公開すべきだと思っています。そして、住民の自由を尊重するという観点からは、避難を要請するのではなく、情報をきちんと出した上であとは住民の意思に任せる、という選択肢もあったかもしれません。そして、避難要請するからには、住居や仕事も含めたきめ細かなケアが大切でしょう。

でも、田母神氏は政府の情報公開に対して批判するというよりも、放射能による健康被害という考え方自体を否定しているようです。というのも、どうやら田母神氏は、東京大学医学博士(東京大学に籍があるわけではなく、東京大学で医学博士号を取った、ということみたい)の稲恭宏氏の説を信じているらしい。

稲氏の説とは「低線量率の放射線はむしろ体にいい」というもので、同じようなことは中村仁信氏という病院長の方もテレビでお話していました。

ネットの世界では、稲氏は東電の御用学者だと見なされているようですが、私には彼が御用学者かどうかはよくわかりません。ただ、主張を聴く限り、稲氏は稲氏なりの信念でもって放射能の有用性を論じているように思います。それなりに説得力がないわけではないし、きっと彼にとっては正しいことなんでしょう。

でも、素人の私にも間違いなく言えることは、稲氏の説は現時点では異端であって主流ではありません。そして、実際のところは、稲氏の説も含めていろいろな研究や仮説が存在していて、何が真実なのかをはっきりと断言することはきっとできないはずです。

医学も含め、科学って実はそんなものなんだと思います。私は以前、循環器が専門の先生にお話を聞いたことがありますが、その先生は「血管の健康こそがひとの寿命を決める」とおっしゃっていました。その後、腎臓の権威の先生に話を聞くと「腎臓こそがひとの寿命を決める」とのこと。がんに対する治療についても、外科医と放射線医では見解が分かれることが多いですよね。きっとそれぞれが真実だし、それくらいの信念がなかったら研究なんかできないんだと思います。

で、福島のケースですが、私は小さい子どもや妊婦さんは、できれば遠くへ避難したほうがいいと思っています。稲氏の言うとおり、もしかしたら体に良いのかもしれないけど、良くないという説をとる人が実際に山ほどいるわけです。できることなら、万全を期しておくに越したことはないと思います。

だいたい、体にいいかもしれないのは医療機器によって管理された放射線でしょ。どんな物質がどんな量で出てくるかを正確に予測できない今回のような事故を、医療行為と混同するのはあまりにも乱暴です。

話が長くなりました。田母神氏は稲氏の説に簡単に飛びつき、あげくの果てに浜岡原発の停止要請すら「これは反原発、反核運動だ。日本の弱体化だ」なんて的外れなことを述べています。嫌な言い方はしたくないけど、全くもって無責任で賢くないと思います。田母神氏は国民1人ひとりの安全よりも、何か他のことを重視しているのではないでしょうか。

今回の原発に関する言動だけで人格まで疑いたくはないけど、でもついつい考えてしまいます。こういう人の発言を信じて「日本も核武装すべきだ」とか言ってた人たちは、今も田母神氏を支持しているのでしょうか。もしかしたらこの程度の無責任さで、核武装などについても論じていたのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ

2011年5月17日 (火)

災害と自衛隊

東日本大震災の被災者支援や、福島第一原発での作業などで活躍している自衛隊。私もそれらの活動には敬意を払っているし感謝の気持ちも持っていますが、最近のやたらと自衛隊に感謝、そして活動を礼賛する風潮が少し気になります。

理由は2つ。まず、そもそも彼らは災害時や危機時の活動のために存在しているんですよね。そのために私たちは税金でたくさんの自衛隊員の給料をずーっと払っているわけだし、訓練費用も負担しているわけでしょ?こういうときに活躍するのが彼らの仕事なんだから、活躍するのは当たり前だと思います。

過度に礼賛する人々は、まさか自衛隊の仕事は日々の訓練だと思っていたのでしょうか。一生訓練だけで終わるのが普通で、今回が特殊なケースだとでも思っているのでしょうか。だとしたら自衛隊員にも失礼な話だと思います。彼らはきっと、非常時こそが仕事だと思っているはずです。今回は「主たる任務」の戦争じゃないので、その意味では不満かもしれないけど…。

2つ目として、災害支援や事故対応は大切な仕事だけど、何も自衛隊や軍隊である必然性はないわけですよね。むしろ、自衛隊ではなく災害対策や原発事故対応に特化した専門組織を普段から準備していれば、もっとスムーズな対応ができていたかもしれない。だって自衛隊の仕事って、第一義的には侵略者と戦うことでしょ。被災者を助けるのに銃剣道が必須だとは思わないし、迷彩服を着る必然性があるとも思えません。

てか、リスクとしては敵国が攻めてくるよりも災害のほうがはるかに高いわけで、そのための組織や装備にもっとお金をかけておくべきだったのでは、とも思ってしまいます。まあ、「軍備にお金をかけていなかったら、今頃日本は焦土になっている」とか言われたら、それはそうなのかもしれませんが。結果論の話をしても仕方ないか。

今回の震災で、被災者支援の意義と素晴らしさを感じて、自衛隊員になろうとする若者が少なからずいるのではないかと思います。そんな彼らが軍事訓練を受けないといけないのがなんともまどろっこしい。そんなことしてる暇があったら災害対策の訓練を受けてスペシャリストになるべきです。軍事訓練はそれをしたい人がすればいいわけで。自衛隊と災害救護隊みたいなものを分けられないのかな、と思います。

人気ブログランキングへ

ニューアルバム!

SNSD(少女時代)のBIG NEWSとは、ニューアルバムのリリースでした。発売日は6月1日。めざましテレビによると、全12曲ですべて日本語曲とのこと。収録曲を見ると知らないタイトルも多く、これはすごく楽しみです。5月31日から始まるアリーナツアーは、おそらくこれらの日本語曲を中心としたパフォーマンスになるのでしょう。行けないのでDVDの発売が待ち遠しい!「Hoot」の日本語版が少し不安ですが…。

豪華初回限定版には撮り下ろしフォトブックとDVD、ポスター、特製ミニバックが付くそうな。6990円とやたらと高いけどファンはきっと購入するはず。私はまあ、3000円の通常版でいいかな…。フォトブックは正直欲しいけど…。

ミニバックのデザインはかわいいっちゃあかわいいけど、大人の女性が持つのは厳しいかも。もちろん男性の私も厳しい。小中学生の女の子にターゲットを絞った感じかなあ。実際、最近まで小学生だった姪の話では、女子の間ではもはや嵐ではなく少女時代が憧れなんだとか。局地的なのか全国的なのかは知らないけど。

初回限定版やら期間限定版やら豪華版やら、違う価格帯のものを出すのは「高くても買う人には高く売る」「安くないと買わない人には安く売る」というマーケティングの常識ですよね。ソシ(少女時代)が大好きであるにも関わらず、マーケティング戦略にはなかなか乗っかれない私はちょっと手堅くてつまらないとも思います。アイドルに夢中になるにはもう歳をとり過ぎたのかな。

↑韓国語版はとってもお買い得。

人気ブログランキングへ

2011年5月16日 (月)

腸粉(チョンファン)

以前香港に行ったとき、腸粉とすいかジュースがとてもおいしいと思いました。腸粉は飲茶のメニューの1つなんですが、不思議と日本のお店では出していないところがほとんど。神戸の中華街に行ったときにも発見できませんでした。正直、えび餃子よりもおいしいと思うのですが…。同じく、すいかジュースも日本ではメジャーではないですよね。喫茶店やカフェで出したら人気が出ると思うんだけど…。

仕方がないので、Cpicon お家で腸粉(チョンファン) by おポチ を参考にさせていただいて、腸粉をちょくちょく自分でつくっています。

110411_153801_4

薬味はなしで、腸粉とたれのみ!お店で出すわけではないのでこれで十分です。私はむちむちの食感が好きなので、ライスペーパーを二枚重ねにしています。

ただ、今回発見したのが、使用するライスペーパーによって味が異なってしまうということ。同じベトナム製なのに、メーカーによってやはり味が異なるようです。

食感がおいしかったのが、丸成商事さんが輸入・販売しているライスペーパー。あまり私の好みではなかったのが、インターフレッシュさんが輸入・販売しているライスペーパーでした。あくまでも私の好みですので、品質の問題ではないと思います。てか、ライスペーパーって本来は腸粉をつくるものではなくて生春巻をつくるものですよね。

あと、今回初めて使用したのですが、クックパーのくっつかなさ具合に感動。なんでくっつかないんだろう。旭化成すごいなあ…。

人気ブログランキングへ

2011年5月15日 (日)

橋下知事の如才なさ

菅首相による浜岡原発停止の要請によって、原発を推進していた人々がきれいにあぶりだされました。案の定、産経新聞はヒステリックに反発していましたが、意外だったのは正力松太郎以来の原発推進派である読売新聞。社説ではなんと「やむを得ない」との認識で少し驚きました。

で、読売新聞と並んで私が意外に感じたのが、大阪府の橋下知事の反応でした。なんと菅首相の決断を「大英断」と評価。相変わらずこの人には風向きを読むのがうまいなあ、と感心しました。ポピュリズムであろうとアンシャン・レジームであろうと、自分の得になることはなんでも利用しちゃう。現状では、高い支持率を維持することがまだこの人の生命線なので、本当に賢い判断だと思います。

まあどんな理由があろうと、原発推進の流れが止まることは歓迎すべきだし、それに人気の高い橋下氏が乗っかってきたことは頼もしいことではあります。

ただ、案の定こんなニュースも入ってきました。

大阪維新の会:君が代起立、府立学校教員に条例案 自民と協議

これがたまたまのタイミングなのか、あるいは浜岡停止に賛成したので、保守派の支持を取り戻すべくバランス感覚を発揮したのか。真相はわからないけど、なんだかうんざりしちゃうようなニュースです。

私は日本が大好きだけど、日本政府は必ずしも好きではありません。今の天皇陛下は大好きだけど、前の天皇はあんまり好きではないです。君が代とか日の丸もあんまり好きではない。歌舞伎や狂言は好きではないけど、相撲や落語は大好きです。

何が言いたいかというと、「愛国心」の中身は1人ひとり違うし、とてもとても複雑なものだということです。単に「国歌を立って歌うかどうか」などで判断できるような単純なものではないと思います。

もっと言うと、私は公立学校の教師が国家斉唱のときに起立しなくてもOK、という自由で多様性のある日本が大好きです。寛容性があって多面的な日本が大好き。そして、人を殺しておいて「USA!USA!」なんて叫んでいる国は嫌い。国歌や国旗に敬意を表すのは世界では当たり前のことらしいけど、そんな程度の低い話に日本が合わせる必要はないと思います。日本人はもっと賢いはずです。

てなわけで、やはり私は橋下知事は支持できないし、「大阪維新の会」に投票することは今後もないだろうなと思っています。だいたい「維新」とか「平成の竜馬」とか「サムライ」とか名乗る人たちは生理的に受け付けないんですよね…。

人気ブログランキングへ

2011年5月14日 (土)

今は少女時代!

この半年ほどずっとSNSD(少女時代)に夢中なので、今日のMステは見逃せませんでした。何しろ新曲(※音が出るので注意)を初めてライブで披露!しかも日本のテレビで!なのです。観覧に行けた人がうらやましい…。

私はアイドルにはまったことは人生でほとんどなく、今回のSNSDが初めてだと思います。もちろん、グッズの購入や追っかけをするパワーはないけど、動画を観ているだけで、あるいはCDを聴いているだけでなんだか幸せな気持ちです。女の子に生まれたからには、あんなふうになりたいものだと心底思う。まあ、私は女の子に生まれたわけではないんだけど。

SNSDの魅力の1つは、楽曲によって輝いて見えるメンバーが変わることだと思います。要するに、ファンの間でも、メンバー9人の人気ランキングがころころと入れ替わってしまう。かくいう私も、ユナの1位は基本的には変わらないけど、今はシカ様を抜いてティパニが2位に急上昇…。ティパニが以前テレビで話していたとおり「人気は季節」なんだなあと実感しています。

まさに、지금은 소녀시대!(今は少女時代!)だと思った幸せな時間でした。って私はいい歳して何を書いてるんだろう…。興味のない人にはさっぱり理解できない内容ですみません。とりあえず、停滞気味の韓国語学習をまた頑張ろうかなと思いました。

いま、日本の公式サイトを見ると、5月16日にBIG NEWSがあるらしい…。よくFMラジオなどを聴いていると、アーティストやDJが「このあと重大発表があります!」とか大げさに予告しておいて、その内容は単なるライブ情報だったりします。単純な私は「大地震でも来るのかも」「首相が辞任したのかも」などと考えていつも肩透かしを食わされるので、「軽々しく重大発表なんて言葉を使うな~」と思っていました。でも、今ならわかります。ファンにとっては本当に重大発表なんです!月曜日までやきもきする日々が続きそう…。

人気ブログランキングへ

2011年5月12日 (木)

原発絶望工場

福島第一原発での作業に関して、ハローワークなどに求人が出されていたことが話題となりました。最近では西成で騙されて原発に連れていかれた人もいるとか…。原発で働くことのさまざまな問題について、今さらながら注目が集まっているようです。

私がそれらの求人情報を見て最初に思ったのは「鎌田慧の再来は現れるのか」ということでした。ルポライターの鎌田慧氏は、トヨタの期間工として実際に働いた経験を元に「自動車絶望工場」というルポを世に出しました。1973年の作品なのでもう40年近く前ですね。期間工の理不尽な労働環境について、自らの体験を元に書かれたことで、生々しくも現実味のあるルポとして高い評価を受けたわけです。

で、いまは原発。不謹慎な話かもしれませんが、ルポライターとしてデビュー、あるいは名声を得たい人にとっては、今回の原発事故と求人は千載一遇のチャンスだと思います。原発内では実際にどんな人たちがどんな作業を行い、何を感じているのか。そしてどのような理不尽が存在し、それを各自がどのように消化し受け入れ乗り越えようとしているのか。少なくとも私は読んでみたいし、ルポとしても絶好の素材のはずです。

もちろん、「自動車絶望工場」とは時代が違うし、今回は被曝という直接的なリスクがあります。また、間違いなく東電・協力会社は業務終了後の守秘義務を労働契約に盛り込むでしょう。それでもなお、潜りこんでひと旗挙げたる!という人は現れないものでしょうか。普通に考えたら既に誰かしら潜り込んでいるはずだとは思うんですが、もしかしたら誰も、という疑いも捨てきれません。

かくいう私も自分が原発で働く勇気があるわけでもなく、他力本願で無責任なことを言っているわけですが…。「原発絶望工場」の登場を心待ちにしています。

ちなみに「再来」なんて書き方をしてしまいましたが、鎌田慧氏はもちろん今もご健在です。あくまでも「労働者として潜りこめる年齢」という意味で「再来」という言葉を使ってみました。鎌田氏は40年近く前に福島原発のルポを発表されていますし、今もバリバリで本が出ています。こちら(※音が出るので注意)で福島さんと対談されたりもしています。

蛇足ですが、「自動車絶望工場」は今読むと「何を甘えたことを言うとるんじゃ」という感想をついつい持ってしまいます。つまり「待遇が悪いのなんて当たり前。会社に何を期待しとるんじゃ」「十分恵まれてるやないの」と思えてしまうわけです。でも、そんなふうに思ってしまう私の感覚がおかしいんだと思います。なんで日本はこんな国になっちゃったんでしょうね。

人気ブログランキングへ

2011年5月11日 (水)

岡村靖幸やってきた

あの岡村靖幸氏がまたまた復活するという記事を読みました。

岡村靖幸ついに復活「SWEET LOVE SHOWER」第1弾発表

私はフェスに行くほどタフでも若くもないので観にいけませんが、めっちゃ気になります。幾度の逮捕・復帰を経て、今どうなっているのか…。

以前に復帰したときの映像では、やはり太っていたし、何よりも高音がほとんど出なくなっていて驚きました。本人が理想とするところと現実との間にあれだけギャップがあれば、依存症でない人でもかなり滅入ってしまい、何かに頼りたくなってしまうはず…。

結果としては、案の定またまた覚せい剤で逮捕されてしまったわけです。

つくづく思うのですが、ファンや周囲は、もはや過去の「天才」というイメージを捨てて、新しい岡村靖幸像を期待し受け入れるべきだと思います。年齢を重ねたら高音が出なくなるのは自然なことだし、それはクリスタルキングや大杉久美子をみても明らかです。(←変な例ですみません)何も不摂生や薬物だけが原因ではなくて、人として自然なことのはず。

楽曲に関しても、40代になってもコンスタントに名曲をつくっているアーティストがどれだけいますか。「代表曲は10代のときにつくったもの」という人だって珍しくない。だって若いときに感じた恋愛のどきどきや、周囲に対する鋭い感性って、大人になってしまうとなかなか取り戻せないものです。若き日の「天才」イメージの呪縛ほどバカバカしいものはないと思います。

40代のおやじになった岡村靖幸の、おやじなりの楽曲とパフォーマンスが観られるだけで、ファンとしてはものすごく幸せなことだと思います。好きなアーティストとともに年齢を重ねていく、というだけですばらしいとは思いませんか。もちろん、10代・20代の頃とは違った魅力のある作品とステージを楽しめるはずです。

てなわけで、今回こそは少しでも本人にストレスがかからないことを、そして復帰期間が少しでも長く続くことを(なんだか将来の再逮捕前提みたいな書き方ですが…)心から願いたいと思います。もう今は声が出なくて歌えないとしても、私は「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」(※音が出るので注意)をきっと一生CDで聴き続けるでしょう。

ちなみに、渡辺美里のこの曲(※音が出るので注意)も岡村靖幸作曲だったんですね。実は恥ずかしながら最近まで知りませんでした。実際にBIG WAVEがやってきたあとだし、いろんな意味でもうメディアでは聴けないかも…。いい曲なんだけどなあ。

人気ブログランキングへ

トップページ | 2011年6月 »

twitter

  • ツイッター