2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 中村紀洋の実力 | トップページ | チョコレートの選択肢 »

2011年5月25日 (水)

美容院の背後霊たち

私はずっと自分で髪を切っているので、美容院には行ったことがありません。なので美容院の実情には全くもって疎いのですが、外部からガラス越しに眺めていて、いつも不思議に思うことがあります。それは、ぼーっと立っている人たちのことです。

美容院のどこもが常にお客さんに満ちているわけでは当然なくて、私が通りかかるお店では、たいていお客さんは1人か2人しかいません。で、担当の美容師さんらしき人が髪をいじっているわけですが、その様子を背後から3人くらいの若者がじーっと見つめている。特に何をするでもなく、ただ立ったままじーっと。何なんですかあれは、といつも思います。

もちろん、ボスから何か指示があれば何かしら手伝ったりするんでしょうが、どう考えてもお客さん1人に対して3~4人がかりはおかしいので、結果として何もすることがない状態なんでしょう。それはわかるんですが、お客さんに対してすることがないんだったら、例えば掃除をするとか、帳簿をつけるとかすればいいと思うし、そういうことすらないんだったら、もう奥へ引っ込むべきだと思うわけです。背後からじーっと見つめるのって、お客さんに対する態度としてどうなんだろう。

私は美容院には行かないけど、もしも私が客だったら、背後から複数の人に見つめられるのなんて絶対に嫌だし不快です。髪を他人に触られることすら恥ずかしいのに、それを担当の人以外のようわからんやつらに見つめられる。しかも背後から。なんか客商売として失礼極まりないと思うんですが…。

もしかしたら、背後霊たちはまだ見習いの美容師さんで、仕事がないときは先輩の技術を見て勉強するように言われているのかもしれませんね。でも、客にとっては彼らの勉強なんてどうでもこといいだし、そもそも「客を使って勉強しないでくれ」「勉強なら閉店後に内輪でやってくれ」と思うのが自然ではないかと。

それとも、普通の人は、自分の髪がカットされたりする様子を多くの人に見てほしいと思っているのでしょうか。私が異常なだけ?そういえば、最近は店舗がガラスで囲まれていて、夜間は店の中が外から丸見えの美容院も多いですよね。私なら「外から見えないようにしてくれ~」と思うけど、「道行く人みんなにも見て欲しい」と考えるのが普通の感覚なんでしょうか。

うちの近所には美容院が本当にたくさんあって、同じくたくさんある整骨院と覇権を争っています。飲み屋さんなどの飲食店がしょっちゅう潰れて入れ替わっているのに対して、美容院や整骨院のほとんどは潰れずに続いています。どこもそんなにお客がいっぱいには見えないのに。よほど儲かるシステムなんでしょうか…。私には美容院はわからないことだらけです。

人気ブログランキングへ

« 中村紀洋の実力 | トップページ | チョコレートの選択肢 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147641/40120583

この記事へのトラックバック一覧です: 美容院の背後霊たち:

« 中村紀洋の実力 | トップページ | チョコレートの選択肢 »

twitter

  • ツイッター