2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« かぼちゃグラタンは夢の味 | トップページ | エコナビ搭載トワレってエコ? »

2011年11月 5日 (土)

グラソー・ビタミンウォーター

グラソー・ビタミンウォーター(glacéau vitaminwater®)って知っていますか?最近、よくスーパーなどで売っているペットボトル飲料。こんなPOPとともによく売られています。

3

気になるのは「色、味、ビタミン。なにかにキクぜ」というコピー。「キクぜ」は普通に考えれば「効くぜ」なんだろうし、「何に効くの?」という疑問を持つ人は多いはず。

実際のところ、この飲料の特徴としては、「ローカロリー」「合成着色料・保存料不使用」という点ともに、何らかの機能性成分が加えられている点にあるようです。例えば「t-style」にはビタミンCとカテキンが入っているし、「wake up」にはビタミンCとカルシウムが入っています。

ビタミンは身体に必要なものだし、カテキンやカルシウムは、機能性成分として注目されているものですよね。きっとコピーを考えた人も、本音では「脂質を分解しやすくする」とか「骨を丈夫に保つ」とか言いたかったところなんでしょう。

ところが、この飲料は清涼飲料水であって、特定保健用食品や栄養機能食品ではありません。結果として、「○○に効く」とは謳えないので、「なにかにキクぜ」という表現になったんだろうと思われます。

ここで注目すべきなのは、「○○に効く」とは謳えないただの清涼飲料水であっても、「なにかにキクぜ」という表現だったら法的にはOK、という点ですね。

たとえ、消費者側が脳内で「何かに効くぜ」と変換したとしても、それは消費者側の責任になってしまうということ。購入する際には「キクぜ、と大きく書いてあるけれど、中身はただの清涼飲料水だ」と理解した上で買う必要があります。

でも、何も考えずに「体によさそう」とか思って買っちゃう人も多いんだろうな、と少し心配です。もちろん、理解した上でおいしく飲むのであれば何の問題もないわけですが・・・。「キクぜ」というのもなかなか考えられた表現ではあります。「のどを潤すのに効く」のは間違いないですしね。

ちなみに、飲まずにあれこれと書くのはフェアではないので、私も一応購入してみました。買ったのは「wake up」というオレンジ色の飲料。味はバヤリースオレンジを水で薄めたみたいな感じでした。

Dscf2459
見た目はオレンジ色ですが、オレンジ果汁が入っているわけではないらしく、無果汁です。オレンジフレーバーによるオレンジのような風味と、パプリカ色素とカロチン色素によるオレンジ色を付加した砂糖水、という感じでした。微量のビタミン・ミネラルはもちろん入っているようでしたが・・・。

しかも、これが200円!500ミリリットルの清涼飲料水だったら自販機でも150円で買えるし、スーパーならもっと安いはず。正直、こんなん誰が買うんやろ、という印象を持ちました。なんとなく雰囲気だけで選ぶ人には好まれるのかなあ。

販売者はコカ・コーラ カスタマーマーケティング。言わずと知れた超大手企業がしっかりとマーケティングした上で、「売れる」と判断して大々的に発売したわけですよね。日本の消費者ってそんなにバカなのか、とちょっとがっかりしてしまいました。もしかしたら、清涼飲料水として売りたかったので、あえて機能性成分を少ししか配合しなかったのかもしれませんね。

蛇足ですが、効果・効能の問題はさておき、「キクぜ」という言葉のチョイスはどうなんだろう。なんだか加納典明氏の写真集を思い出してしまいました。あれは「きクぜ!」やったかな・・・。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

« かぼちゃグラタンは夢の味 | トップページ | エコナビ搭載トワレってエコ? »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラソー・ビタミンウォーター:

« かぼちゃグラタンは夢の味 | トップページ | エコナビ搭載トワレってエコ? »

twitter

  • ツイッター