2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 《映画評》 しあわせのかおり ★★★☆☆ | トップページ | 《書評》A3 森達也著 集英社インターナショナル ★★★★☆ »

2012年2月16日 (木)

メディアの特質とツイッター

ツイッターを見よう見まねで始めて数か月が経ちました。

最初は「備忘録代わりに使おうかな」なんていう軽い気持ちだったんですが、自分のツイートをリツイートしてもらったり、フォロワーさんが少し増えたりすると、それなりにうれしくなります。

そうなってくると、ツイートする内容も少し変わってきました。最初は自分が興味のあることを好きなときにつぶやいていたけれど、もはや備忘録ではないわけだし、フォロワーさんが喜びそうな話題を選んだほうがいいような気がする。せっかく読んでくれているわけだし。

例えば、脱原発に興味のある人がフォロワーさんに多かったら、脱原発関係をつぶやいたほうがいいのでは、と考えてしまう。

また、フォロワーさんを増やしたりたくさんリツイートしてもらおうと思ったら、多くの人が共感するような話題をつぶやいたほうが効果的なはず。うん、いま話題になっていることで、多くの人が共感するようなことをツイートするべきだ。えっと、いま話題になっていることはなにかな~。

と、ここまで考えて「まずい」と思いました。これって、たかだか数十人のフォロワーさんしかいない私のツイッターアカウントとはいえ、メディアの特質を如実に現しているのではないだろうか。

日中戦争や太平洋戦争のとき、新聞各紙は戦争を煽るように書き立てたそうです。その主な理由は、軍部が無理やり書かせたというよりも、そう書いたほうが売れたから。逆に、戦争反対を主張する新聞は売れなくなったそうな。(田原総一郎氏も過去にブログに書いていますね)

当たり前の話ですが、新聞もテレビも基本的には民間企業なので、売り上げを伸ばすとともに、広告収入を多く得ることが使命なわけです。となると、「送り手が伝えたいこと」「本当に思っていること」よりも「多くの受け手が求めること」を優先せざるを得なくなる。意識的にせよ無意識的にせよ、そうなるのは必然なんだと思います。

そうしたメディアの特質については、森達也氏が著書の中で再三にわたって書いていましたが、まさか自分のツイッターで実感することになるとは思いもしませんでした。

ツイッターにはまっている人たちには、その自覚はあるのかな。自覚があるんならいいけど、もし無意識に「リツイート!」「フォロワー!」となってたら怖いなあ、と思って書いてみました。

てなわけで、これからは誰もわからんようなマニアックな話題ばっかりツイートしようかなと思っています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

« 《映画評》 しあわせのかおり ★★★☆☆ | トップページ | 《書評》A3 森達也著 集英社インターナショナル ★★★★☆ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ahotsukaさんのブログ楽しくて結構チェックしてるんですよ(^O^)/実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってコメントしてみました(笑)ahotsukaさんに仲良くしてもらえたら嬉しいです(*゜▽゜ノノ゛☆一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールくださいヾ(@^▽^@)ノココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです(=⌒▽⌒=)まってるねえ(*^ー^)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147641/44132804

この記事へのトラックバック一覧です: メディアの特質とツイッター:

« 《映画評》 しあわせのかおり ★★★☆☆ | トップページ | 《書評》A3 森達也著 集英社インターナショナル ★★★★☆ »

twitter

  • ツイッター