2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ぼくのぱん わたしのぱん | トップページ | ドームオーナメント »

2012年3月24日 (土)

《映画評》 キャタピラー ★★★☆☆

主演の寺島しのぶがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を獲ったとか何とか。話題作だし、結構期待して観たんですが、結果的にはかなり期待外れでした。

以下、ネタバレを含みますので未見の方はご注意ください。

発想は確かに面白いんですよね。手足を失って帰ってきた夫と、彼を献身的に世話する妻。2人の関係性とそれぞれの性的な欲求が、時間の経過とともに少しずつ変わっていきます。そして、その関係性を取り巻いているのが、負傷した夫が村じゅうから「軍神」として扱われている、という特殊な世界なわけです。

でも、関係性の変化というテーマで考えたら、塩田明彦監督の「月光の囁き」のほうがはるかに奥が深いしえろいし面白いんですよね。比べる対象としては適切ではないかもしれないけど。

では、メインテーマである「反戦映画」としてはどうなのか。残念ながら、その視点で観ても底が浅く感じました。まあ、普通に「戦争は悲惨だなあ」とは思ったので、それだけで十分なのかもしれませんが・・・。

だいたい、ラストに原爆の映像が長々と挿入されて、元ちとせが歌う「小さな女の子」がご丁寧に歌詞つきで流れるんですが、そもそもこの作品に原爆は大して関係ないやろ。夫は原爆で怪我したわけでもなければ、原爆で死んだ人物も登場しないんだし。ましてや、子どもなんてほとんど登場しないわけで。

正直、元ちとせの歌を聴きながらぽかーんとしてしまいました。この映画の主題歌としてではなく、単独で聴いたら心に響く名曲なのかも、と考えたらすごく残念でした。

やはり、少し前に「この世界の片隅に」を読んでしまったことが大きいと思います。(こちらに書評を書いています)何もこれみよがしな演出をしなくても、当時の人々を丁寧に、淡々と描くだけで十分過ぎるほどの反戦作品になる。それを知ってしまった今となっては、残念なからこういう作品を観ても薄っぺらく感じてしまう。

寺島しのぶも、正直どこがいいのかよくわからなかった・・・。どちらかといえば、夫役の大西信満のほうが熱演だったと思うんだけど。海外で評価されたのは、外国人にとってわかりやすい日本人妻のイメージだったからでは、などというイヤミなことも考えてしまいました。シェー!

あと、ストーリーとはあんまり関係ないんですが、篠原勝之は太りすぎやろ。食料不足が描かれている中で、あの体型は何とかならんかったんかな。きっと観た人は全員ツッコんだのではないかと思います。

てなわけで割と酷評なんですが、若松監督の前作「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」は大好きで★5つなんです。観たあとずっと登場人物の物まねをしていました。観るべきなのはこちらではないかと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

« ぼくのぱん わたしのぱん | トップページ | ドームオーナメント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《映画評》 キャタピラー ★★★☆☆:

« ぼくのぱん わたしのぱん | トップページ | ドームオーナメント »

twitter

  • ツイッター