2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月11日 (日)

秘境駅で猫とくらす

10月の下旬に高野山に出かけたんですが、帰りに紀伊細川駅に立ち寄ってみました。

南海高野線はかなり山の中を走るので、いわゆる秘境駅と呼ばれるような駅がいくつかあります。時間的に全部は回れそうになかったので、なんとなく終点から2つ手前の紀伊細川駅で降りてみたのでした。

そして、びっくり。ね、ねこが・・・。

500_2

とにかく、駅舎内に猫がたくさん。駅長さんにお聞きしたら10何匹とかおっしゃっていました。なんでも、お客さんの中にごはんを用意している人がいるらしく、その人が来る時間帯になると猫が集まってくるのだとか。

まあ、いろいろな意見があるとは思います。猫が嫌いな人や猫アレルギーの人にとっては恐怖以外のなにものでもないだろうし、公共施設のあり方としてふさわしいかどうかは意見が分かれるところでしょう。もちろん、猫が電車にひかれてしまう、というリスクも見逃せない部分ではあります。

でも、少なくとも猫のおしっこの臭いはまったくしなかったし、個人的にはすごく印象に残る駅でした。私は別に猫好きではないんですけどね。どちらかというとアレルギーがあるほうなんだけど・・・。「たま駅長」でおなじみの和歌山電鐵貴志駅よりもはるかにインパクトがありました。

あ、関係ない話ですが、貴志駅に行ったときには、中高年の団体がたま駅長を至近距離でバシバシ撮影していました。しかも当然にようにフラッシュを炊いて。「フラッシュ撮影禁止」って書いてあったのに・・・。たま駅長にいやされるとかなんとかする前に、とにかくどん引きしてしまったことを覚えています。

紀伊細川駅もあんまり有名にならないほうがいいのかなあ。まあ、ならんとは思うけども。ちなみに、秘境駅の名づけ親、牛山隆信氏のホームページによると、紀伊細川駅は秘境駅ランキングの166位だそうです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

« 2012年6月 | トップページ | 2013年1月 »

twitter

  • ツイッター